春田造園の日常

その時に思う事

2024-01-01から1年間の記事一覧

ゴールドクレストの剪定方法

ご自身で剪定していますが なかなか上手に切れません。 両手鋏を使い刈り込み剪定ならまだ できると思いますが、 枝を抜いて小さくするとなると 難しいかもしれませんね。 小さくするにあたり、 芯止めをして切り戻し剪定を行うには 春が適しています。 芯止…

土壌改良による植え替え効果

もともと株立ちのヤマボウシだったのですが、 順番に枯れて単木(1本立ちの木)になってしまいました。 株立ちとは一つの根から複数の幹が立ち上がっている樹形をいいます。 細い幹が複数本寄り添う繊細な樹形ですが、 基本的には3本以上あるもの指します。 ち…

グリーンカーペット形成の秘訣

美しいグリーンカーペットを形成する クラピア。 驚くほど早く成長し、芝生の10倍のスピードで広がる 多年生緑化植物として雑草低減に使用されます。 クラピアの根は土壌深く張り、法面保護や土留めにも適しています。 また踏まれても再生し、歩いても大丈夫…

剪定作業の重要性と手順

ご自身でお庭の手入れをすると、大体こんな感じになりやすいのではないでしょうか? 届く範囲の高さまで頑張って切る。 両手鋏、もしくはトリマーの切れる太さの 枝を頑張って切る。 できる範囲の剪定をご自身ですると 頑張って切っていても 年々生垣が高く…

黒モルタルの施工

黒モルタル。 作業経験は今回で3回目です。 現場配合のモルタルに黒を混ぜて 現地に合わせた風合い感を出します。 住宅では玄関ポーチなどにも使われる事もあります。 既製品ではないので混ぜる濃度により仕上がりに差が出ます。 ちなみに前回やった配合等は…

剪定作業と庭の管理

去年の3月に生垣強剪定で幅を3分の1ぐらいに縮めました。 けっこう透きましたが1年で良い濃さに戻りました。 さすがウバメガシですね、強い。 幹から小枝が出ているぐらいが丁度いい感じです。 毎年の剪定も楽になります。 今年は残り半分の生垣も縮めたいと…

建築改修工事

20数年ぶりにタイル切り台と言う年季の入った道具を使用してみました。 今は押し切りと言う今風の道具がありますが、倉庫をあさっていたら出てきたので、 懐かしく使ってみました。 古い道具でも効率は悪くありませんが、老眼でメモリが見ずらく歳を感じます…

お庭の手入れ

個人的には一番遠いお庭手入れに向かいます 時期的にも車の数はかなり少ないのかな、 ちょっとしたドライブ気分。 京都府南丹美山町は昔風景が多く残っています。 かやぶき民家で料理店と宿を営む 美山の季節料理ゆるり。 旬の野菜、囲炉裏で焼く焼き物、美…

建築リフォーム3

造作も終わりクロス屋さんと下地調整のお話しをさせていただくと、 なるほどねーと思うことがたくさんあります。 ビス穴の深さや、入隅の隙間、他いろいろ。 パテ下地調整にも大工さんの技量が大きく関係します。 それはそーですよね、、、 ちなみにそこは私…

建築リフォーム2

ご指導のもとボード張りを学びます。 今まで何度も見てきた光景ですが、教わるとなるとそう言う事かと納得する事だらけです 間柱と胴縁の間隔とボード寸法で1尺5寸ピッチになるんですね、なるほど。 石膏ボードは加工しやすい反面、石膏と言う性質上非常にも…

建築リフォーム1

造園業に転身してから10数年が経ちました 去年から考えておりました新しい事を始めようと、もともとやっていた建築左官タイルにガッツリ戻ってみる事にしました 何と言いますが、何の違和感もなくできるもんなんですね、、、 冊子部分解体から始まりますが …

植栽

室内から見える空間に緑があればと思うのですがと、ご連絡いただきました。 当初は和の庭の感じでしたが、シンプルな雑木風の庭でいくことになりました。 通路からは段取りがわるいので搬入はベランダからと決めていましたが、 予想通り大変でした。 体力的…

人工植物

軒下は植物が育ちにくいです。 どうしてか? 風通しが悪くて日が当たらず乾燥しやすい場所になるからです。 適応している植物も、もちろんありますが、坪庭的な鑑賞する場所に植えるなら かなり植物は限られます。 また管理はとても大変です。 乾燥すると言…

年間管理

今年もよろしくお願いいたします 年明けは例年通り高木剪定作業から始まります 休み明けの連日高木剪定作業はこたえますね、、、 高所作業は若手が頑張ってくれているんですがね、、、 今年も無事故で頑張っていきましょう! harutazouen.com